MENU

サイトメガロウイルス感染症

サイトメガロウイルス感染症は
邦人のほとんどの人が、懐妊28ウィークから産後7日までのスパンに母子との間でサイトメガロウイルス(CMV)に感染行う。

 

感染するといったCMVが体内に潜伏した状態になります。CMV感染は自ら感染する手法といった、接触感染が原因で生ずるものがあります。

 

感染原点と言われているのが、唾液、腟分泌液、精液、乳房、血、尿、器官改造などです。

 

 

サイトメガロウイルスの恰好
なんとかCMVに感染して恰好があらわれると、発熱やリンパ節の浮腫などほとんどが軽々しい恰好だ。

 

懐妊中にCMVに感染してしまった場合は、先天性サイトメガロウイルス感染症になってしまい、胎児に重篤な後遺症が出てしまうこともあります。

 

きっと場合は恰好があらわれませんが、恰好が重症になると肝臓の浮腫や黄疸出血などが起こってしまう。

 

他にも水心症や小頭症などの地雷乱れも起こり、新生児の場合、死に上ることもあります。

 

5年齢までに頭脳歯止め・難聴・目の歯止めなどが起こってしまうこともあります。 免疫が低下してしまうと感染しやすい状態になってしまう。

 

そうすると潜伏感染していたCMVが活性になるため、重度の場合は発熱・関節炎・肝炎・大腸炎・網膜炎・白血球下降や血小板下降などの恰好があらわれます。

 

 

サイトメガロウイルスの検査という診察
検査には、血清抗体の確認を行います。血や尿などからウイルスを検出行う。

 

懐妊センターの場合は、超音波検査などを行ない、胎児に乱れがあった事態、羊水のウイルス検査をすることもあります。

 

 

サイトメガロウイルスの治療の方法
免疫が低下しているときは治療をする必要があります。加療としてはアシクロビル(バルトレックス)などの抗ウイルス薬や抗CMV高力価免疫グロブリン・ヒト形式抗CMV単クローン抗体などが使用されます。

 

免疫が低下していなければ、恰好が出ないことが多く、恰好があらわれても小気味よいことが多い結果、診療をしないケースもあります。

 

バルトレックストップへ

このページの先頭へ